婚活パーティーの流れについて振り返りをしましょう

こんにちは、婚活パーティー研究部です。
11月ももうすぐ終わりが近づいてきました。
いよいよ12月は、クリスマス系イベントが目白押しになってきます。

街も、クリスマス色になってきました、心がワクワクしてきますね♪
当然ながら、そんなイベント雰囲気にあてられて、初参加の人も増えてきます。
ここでもう一度、婚活パーティーについて、復習しておくというのはいかがでしょう?

これからの人には、参加前の事前知識として。すでに参加したことのある人には、どのタイミングで攻めるのかの戦略立ての材料として。ぜひとも知っておきたい、婚活パーティーの基本ルールのおさらいです。

まずハッキリしているのは、どの婚活パーティー主催サイトも全体的なパーティーの流れは、ほぼ同じということです。つまり、基本となる大まかな流れを知っておけば、どんなパーティーでもコワイものなしです。

それでは・・・、といきたいところですが、基本ルールおさらいのその前に、絶対に守らなければいけないものがあります。
それは、言わずもがな、パーティー開始時間の厳守! です。

なにを今さらと思っていませんか?

婚活パーティーは、時間厳守が基本です。

でも、この社会一般的なルールを守れない人が、意外やけっこういるんです。
どんなパーティーも、開始時間を遅れてしまうと他の人の迷惑になるからと注意書きがあります。にもかかわらず、パーティー開始から10分くらいして、ヒョッと途中参加してくる人がいます。

婚活パーティーにおいて、遅刻は厳禁です。
完全な出遅れになってしまいます。

しかも「あ、この人、遅れてきた人だ」なんて思われてしまっては、いくら印象を良くしても[ルーズな人]ということで、巻き返しに何倍もの頑張が必要になってしまいます。そうなると、せっかく参加したパーティーであっても、実りは薄いものになってしまうことでしょう。ですから、パーティーの開始時間だけは、どんなことがあっても、参加すると決めた以上は、必ず守らなくてはいけません。

婚活パーティーの現場には、あなたの個人の都合は、いっさい関係ないということを念頭に置いておきましょう。
本気で「出会う」この気持ちが全てです

婚活パーティーの基本の流れをもう一度

では、前置きが長くなってしまいましたが、婚活パーティーの基本ルールです。

支払は、スッキリ釣りナシスムーズに、プロフィールカードに時間を

ほぼ全てのパーティーが、料金前払い制です。そして、支払いと同時に渡されるのが、『プロフィールカード』と言われる、記入式のシートです。用紙の大きさはマチマチですが、このカードがものすごく大事。相手の人とは、このプロフィールカードを交換し合って、コミュニケーションを進めていくことになります。

このカードに、過不足なく書いておくことも大切なのですが、私たちのオススメは、相手がたまらず「~なんですか?」と質問してしまいたくなるような[要点]を置いておくこと。そうすることで、かなりスムーズに会話を進めていくことができます。
あとは、できるだけ丁寧に字を書く。キレイに書く必要ありません。丁寧に書くのが大事なんです。
殴り書きは、そもそも論外です。

婚活パーティーでは、意中の相手とじっくりお話し出来るのは、一回だけです。

ファーストインプレッショントークで、しっかり相手を見極めましょう

婚活パーティーは、まず『参加全員との会話』[ここでは仮に、第一印象トークとしておきます](1人あたり、90秒から120秒程度)ここで、めぼしい相手をチェックしておきます。つぎに、5分~10分の『フリータイム』。最初の会話で、とくに気になった相手と、もう一度、今度はもっと深くお話ができます。
(プロフィールカードの内容とは離れた会話ができるのもこのフリータイムです。)

フリータイムは、参加者全員が会場内を自由に動き回ります。また、人気の人には、あっという間に順番の列ができてしまいますので、「この人!」と思ったら、まよわずに突進していくつもりで行くのがベストです。
(*多くのパーティーは、男性から女性にアプローチすることが多いです。)

このフリータイムは、当日のパーティーの参加人数によって、回数が変動することがあります。経験から言うと、5回くらいが平均でしょうか。パーティースタッフが、「本日のフリータイムはN回です!」と言ってくれます。聞き逃さないようにしましょう。
(BGMがかかっている会場の場合、思った以上に騒々しいですよ。)

それから、このフリータイムですが、いちど話してしまった人とは、基本2回目はないと思ってください。つまり、フリータイム5回と言われれば、5人とお話しすることになります。ですから、第一印象トークのときに、「もう少し話してみても良いかな」と思える人を、数人チェックしておく必要があります。

婚活パーティーは、参加してみて思いますが、かなり体力のいるイベントです。一緒に参加している人の中には、流れをつかめずに、うろたえている人なんていうのは、珍しくない光景です。
(*でも安心してください。そういう困ったときのためのパーティースタッフさんです。遠慮なくサポートしてもらいましょう。「どうすれば良いですか?」と言うだけでOKです。スタッフの方が、うまく流れに乗せてくれます。)

婚活パーティーのクライマックス「告白タイム」は、いたって静かなんです

意外とシンプルに進行する「告白タイム」に拍子抜け?

フリータイムが終わったら、いよいよ『告白タイム』です。
告白タイムは、「婚活太郎さんと、婚活花子さんのカップル成立です!」というように、名前では呼ばず、あらかじめ渡されてある番号で呼ばれます。

ちょっと奇妙な風景ですが、ハッピータイムのはずなのに、意外や会場はシンとしています。番号を発表された方も(番号札などは、告白タイムの直前で返却しているので、誰が何番なのか、自分たちにしかわからないようになっています)、自分の心の中だけで喜んでいるといった感じで、平然としています。

これで、婚活パーティーは終了です。
番号が呼ばれればハッピーですが、おしくもそうでなかった人は、次回こそは頑張る、といった感じですね。

おもしろいのは、パーティー会場の外では、めでたくカップルになった人たちが、どこかよそよそしくしながらアドレス交換をしていたりします。そのまま街に2人で消えるも良し。日をあらためてデートの約束をするも良しです。

婚活パーティーを有効活用して、素敵な出会いを!

いかがでしょうか?

婚活パーティーは、

上記の説明は、もっとも定番のスタイルについてです。これ以外にも、限定パーティーや、「あいのりバス」のような、お見合いバスツアーなどの、すこし趣向を変えた婚活イベントもあります。これらの特別パーティーは、ルールそのものが違ったりします。「大丈夫かしら?」とお思いになるかもしれませんが、そこはまったく問題ありません。なぜなら、参加している人のほぼ全員が「大丈夫かしら?」と思っているから。

婚活パーティーの常連(私たちのような)は、いますが、特別のパーティーの常連さんは、聞いたことがありません。たいていみんなどこかギクシャクしています。

そんなときは、スタッフの説明に耳を傾けておきましょう。きちんと丁寧に説明してくれています。それでも、途中よくわからなくなってしまったら、「どうすれば?」と聞いてみてください。とても親切に誘導してくれます。

メインは通常のパーティーに的を絞っておいて、たまに限定のイベントに参加する。そうやって、ご自分の婚活に幅を持たせて、一日も早くハッピーエンドを迎えることができたら良いですね。

以上、婚活パーティーの基本ルールでした。
どうぞ素敵な出会いに、感動してください。
そして、ハッピーになりましょう!!

私たちも、頑張りますよー!!!

オススメ婚活パーティー(毎日開催♪)

PICK UP! 婚活パーティーの<ホワイトキー>

PICK UP! TV・雑誌で話題の「お見合いパーティー」

PICK UP! 今までにないお見合いパーティー♪

PICK UP! 真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪

PICK UP! 自衛隊員限定結婚相手紹介サービス【自衛隊ブライダル】